« カウンセラー講座 今年最後の日 | トップページ | 成人の日が今年も… »

七草粥で癒しを…

昨日は七草がゆを食べました。

「せり、なずな、ごぎょう、はこべら、ほとけのざ、すずな、すずしろこれぞ七草」と古くから歌に歌われてきた春の七草を入れたおかゆです。

平安時代からの風習のようです。

きっと昔のこよみでは1月から春になるので、春の野に出て七草を摘んだのでしょう。

そして家族の幸せ、世の幸せを祈りながら粥の中に七草を炊き込み、神に供えてから家族で食べ、邪霊を払ったものと思います。

勿論、我が家の七草は春の野に出て摘んだわけではなく、

「スーパーの七草セット」ですが…。

娘や孫は一口食べただけなので、私たちは余った七草がゆを今朝も食べました。

(もしかして昼も夜も食べることになるかも手…。すご~く御利益がありそう!? ダメかぁ? 1月7日の朝に七草を食べることが大事かぁ!)

正月のごちそうで弱り気味の胃を休める智恵とも言われています。

今年もいい年にしましょうねぇ…!

|

« カウンセラー講座 今年最後の日 | トップページ | 成人の日が今年も… »

コメント

本年も宜しくお願いしますm(_ _)m
読んでいくうちに、懐かしく思いました。私が小さい時、祖母に連れられ土手に七草を採りに行ったものでした。ごぎょう・はこべら・ほとけのざ…童歌のように口ずさみながら一時だけ童心に戻ったような気がしました。

投稿: 松 | 2010年1月 9日 (土) 21時49分

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 七草粥で癒しを…:

« カウンセラー講座 今年最後の日 | トップページ | 成人の日が今年も… »