« 人間の見栄と欲 | トップページ | 誕生日は誰と祝う? »

遼君はいなくなってしまいました。

ついさっき、人の気配で目を覚ましました。

何か音がすると思ったら、リビングで息子がテレビを見ています。

もちろん、ゴルフ今季初のメジャー大会「マスターズ」(オーガスタナショナルGC 7435ヤード、パー72)です。

この大会はなにかと話題になっていました。

石川遼君が2度目の出場でどの程度活躍できるかということ、池田勇太君が初出場すること、タイガー・ウッズが不倫騒動後はじめて出場すること…。

池田勇太君は、初日70で回り、初出場の日本人としては新記録。

2日目はやや崩れたものの3オーバー、40位で予選を通過しました。

私の応援している遼君はというと、初日こそイーブンパーの72で回ったものの、2日目は4オーバーの76。

トータル4オーバーの48位で、史上最年少での予選突破はなりませんでした。

国内ではとても強い遼君ですが、今回のマスターズでは、やはり精神面が課題のよう。

難しいコースで、どの選手もパットに時間をかけるため、後ろの選手が待たされることもしばしばだったといい、待っている間にどんどん緊張が高まって、結局ミスをしてしまうということだったらしいです。

ゴルフは動かないボールを打つわけですから、緊張がなければ、日頃訓練を積んだプロゴルファーにとって、それほど難しいことではないように思える(あんなに小さいボールを長い棒で自由自在に扱うのは、反対に神業とも思えるのですが)のに、

緊張した状態で、何かをするということの難しさが、ゴルフの全てなんでしょう。

「日大ゴルフ部大関翔(名前の部分は見えないくらい小さく)メンタルトレーナーって名刺に書いとけば」なんていう冗談を息子に言われたことがありましたが、ゴルファーにとってメンタルトレーニングは必須ということですね。

コーチで父の勝美さんに言わせると「力を出したんじゃないか。ここで戦う力はない」んだそうです。

遼君自身は「技術で精神力を支えたい」と。

偉そうなことをいっても、私がラウンドしたのは、夫と1回、息子とハーフを2回。

あとは木の陰から息子のラウンドを3回くらい見たことがある程度なんですが…。

バタンと玄関のドアが閉まりました。

今、息子がラウンドに出かけたようです。

今日は、コンペだとか。

丸山茂樹選手が使っていたパターが1本、賞品に出るらしいです。

|

« 人間の見栄と欲 | トップページ | 誕生日は誰と祝う? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 遼君はいなくなってしまいました。:

« 人間の見栄と欲 | トップページ | 誕生日は誰と祝う? »