« サカナ君、大手柄! | トップページ | 買い物依存症 »

今日の臨床から

摂食障害・視線恐怖症のSさん(女性22才)が

「12月からダイエットはじめようと思ったけれど、トイレでのどの奥にスプーン入れて吐く苦しさを思うと、そこまでして、何をしたいのかと思っちゃって・・・・」

「今までは、外に出て友だちと遊びたいとかアルバイトして稼ぎたいとか色々あったんですけど、そこまでしてやることかって・・・・」

「今、やりたいことない」

こうSさんに言われてカウンセラー研修生は

「ああ吐くのは苦しいんですね」とか

「今は何もやりたくないんですね」とか

研修生が、悲しそうに、苦しそうに言ったので、Sさんもだんだん悲しく苦しそうに涙ぐんでしまいました。

でもこれはよく考えてみると、今までダイエットする目的がとても表層的で上すべりなものだったことにクライアントさんが気づいたのですから、

「よろこぶべき変化と受け取って下さい」と指導しました。

それを聞いたSさんは

「アッー!ハッハッハ、そうだよね~。泣いちゃったりしてはずかしい~」と大笑いしました。

私たちはすぐ相手が苦しんでいるに違いないと思い込んで悲しいカウンセリングにしてしまいがちなので、気をつけましょう。

|

« サカナ君、大手柄! | トップページ | 買い物依存症 »

コメント

プライベートなことに関しては、お応えしかねますので、ご了承ください。

投稿: 浦和カウンセリング研究所 | 2010年12月20日 (月) 08時40分

お読みいただいているんですね。
ありがとうございます。
なるべく身近な話題を拾って、アップしていこうと思っていますので、またぜひ読んでくださいね。

投稿: 浦和カウンセリング研究所 | 2010年12月20日 (月) 08時38分

こんばんは!
僕は大関洋子氏のブログを読んで、生きる勇気やパワーをもらっています。

「生きる」こと自体が苦しいことであり、その中にほんの僅かに喜びがあるだけで、苦悩や葛藤の連続―それが「人生」なんだと思います。

でも、その「人生」を自分なりに精一杯全うすることが、人間に与えられた課題であり、人間の真の姿である、と僕は思います。

投稿: 金井龍太 | 2010年12月19日 (日) 23時15分

昨日のご回答宜しくお願い致します。

投稿: 安斎真子 | 2010年12月19日 (日) 21時23分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 今日の臨床から:

« サカナ君、大手柄! | トップページ | 買い物依存症 »