« 2012年1月 | トップページ | 2012年3月 »

文化における男男性的なものと女性的なもののバランス

2月18、19日と岡山に行ってきました。

岡山というのは、日本文化の様々なものを残しているところで、

見たいところがたくさんあります。

下の写真は、桃太郎の話の元となった伝説が伝わるという吉備津神社の本殿と回廊です。

Cimg3846_r 国宝の本殿

Cimg3850_r 回廊

文化財を見学する、その度に思うことなのですが、

必ず男性的なものと女性的なもの(人により感覚は違うでしょうが)がバランスよく存在することに驚きます。

この吉備津神社も、本殿は男性的、回廊は女性的。

現代社会(特に日本の)が男性中心の社会であることは議論の余地のないことだと思いますが、

歴史を訪ねてみると、

ある意味、男女が平等に扱われていたように思えてなりません。

それが崩れている社会であることが、人の心を蝕んでいる原因の一つであると強く感じます。

記;大関直隆




| | コメント (0) | トラックバック (0)

浦和カウンセリング研究所 スタッフブログ 更新中!

浦和カウンセリング研究所ホームページ内に、

「浦和カウンセリング研究所 スタッフブログ ~心の扉をノックしよう~」の掲載開始!

アクセスは、↓

http://www.ed-cou.com/blog/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

カウンセリング実習

節分・・2月3日は節分、季節がそこで分かれる。そして翌日は立春。

「早春賦」という歌の歌詞にあるように「春名のみの風の寒さや」という感じですが、今日は何となく春を予感させる日でした。

今日の実習は20才の女性でスピッツとユニコーン、奥田民生さんの事に詳しい方にお話しとCD を聞かせてもらい、歌詞も教えてもらいました。

研究所にも参加者の心にも春が来たような実習の2時間でした。

_r000_2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年1月 | トップページ | 2012年3月 »