« 地獄谷野猿公苑、スノーモンキーの心温まる入浴シーン | トップページ | 今日はカウンセラー認定試験の講評会をやっています »

大阪市交通局の非常勤嘱託職員が市長選に関して組合が作成したと見せかけるリストを捏造した問題

本人は「正義」と考えてやったそうですけれど、

おそらくその瞬間には、正義の味方、ヒーローになりきっていたんでしょうね。

「目立ちたい」という考えの人が増えるとこのようなことが起こります。

「社会の役に立つ」ということと、「目立つ」ということは違います。

カウンセラーも、悪い意味の想像力を働かせたり、

自分が主役に出ようとするようなことのないよう、

クライエントさんのお話をよく聞き、

クライエントさんが主役であることを忘れずに、

寄り添える力をつけましょう。

|

« 地獄谷野猿公苑、スノーモンキーの心温まる入浴シーン | トップページ | 今日はカウンセラー認定試験の講評会をやっています »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 大阪市交通局の非常勤嘱託職員が市長選に関して組合が作成したと見せかけるリストを捏造した問題:

« 地獄谷野猿公苑、スノーモンキーの心温まる入浴シーン | トップページ | 今日はカウンセラー認定試験の講評会をやっています »