入園式、カウンセリング体験レッスン

昨日は埼玉幼稚園の入園式に、園の評議員とカウンセラーとして出席しました。

園長の小松先生がおだやかなやさしい表情で「ひとつだけお約束してくださいね。それは毎日楽しく園にくるというお約束です。」とおっしゃいました。

3歳の子も、うれしそうに聞いていました。

小松園長は、「カウンセリングマインドのある方だなぁ」と思いました。

今日はパルコでカウンセリング体験講座をしました。

6名の方が参加してくださり、お一人の方はすぐ入学してくれました。

うれしいです。

研究所での体験講座は、随時行っています。

ぜひ、おでかけください。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

ゲシュタルト療法の続き

創始者パールズ(Perls.F.S)の作詞した「ゲシュタルトの祈り」をこのブログでご紹介したら“まりちゃんの友達の美弥さん”からコメントをいただきました。ありがとうございます。

この詩は「個」の自覚を大切にすることをテーマに作られていて、作られた当時、最後の「もし、出会うことがなくても、それはしかたのないこと」というところがさびしすぎるという人もいて、その中の一人、タッブズという人が「パールズを超えて」という詩を作りました。それが次の詩です。

*・ *・ *・ *・ *・ *・ *・ *・ *・ *・ *・ *・ *・ *・ *

もし、私が私のことをして、あなたがあなたのことをするだけなら、

お互いの絆も自分自身も失うこと明白である。

私がこの世に存在するのは、あなたの期待にそうためではない。

しかし、私がこの世に存在するのは

あなたがかけがえのない存在であることを確認するためである。

そして、私もかけがえのない存在として

あなたに確認してもらうためである。

お互いにふれあいがあるときのみ、われわれは完全に自分自身になれる。

私があなたとの絆を失えば、自己喪失も同然である。

私があなたと心がふれあうのは偶然ではない。

積極的に求めるから、あなたとの心のふれあいが生まれるのである。

受身的に事の流れに身をまかせるからではなく、

意図的に求めるから、心のふれあいができるのである。

*・ *・ *・ *・ *・ *・ *・ *・ *・ *・ *・ *・ *・ *・ *

私は何だか、さびしいけれどパールズ先生の詩が胸にグッときます。美弥さんやこれをお読みの皆さんはいかがですか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今年の初夢は何でしたか?

あけましておめでとうございます。昨年はお世話になりました。今年もよろしくお願いいたします。

今年のお正月はよいお天気でした。石川啄木の短歌が心に浮かびます。

「何となく 今年はよいこと ある如し 元日の朝 晴れて風なし」

啄木は「砂山の 砂にはらばい 初恋の  痛みを遠く 思い出ずる日」の名歌を創った人ですが、当時は短歌では食べていけず「働けど働けどわがくらし楽にならざり、じっと手を見る」という貧困の中に、二十六歳という若さで亡くなった人です。元日の朝、いいお天気で風もないと、何かきっといい年になりそうな感じがしたのでしょうね。私もそんな気持ちになりました。

そうそう、そして初夢を見ました。

富士山がクッキリ見える夢なんです。六十七年生きてきて、初夢に富士山を見たのは初めてです。夢の中で「ウ~ン、これは幸先がいいぞ、初夢は一富士、二何とか、三ナスビっていうじゃないか、アレ?二は何だっけ?あ、そうそう、二は「タカ」だ。一富士、二タカ、三ナスビだ。何で三はナスビなんだ?まぁいいや、すっごいきれいに晴れた富士山を見たんだから」と思って、目が覚めました。

精神医学者フロイトは、夢は基本的に人間の無意識を映し出していると考えました。

皆さんはどんな初夢をご覧になったのでしょう。今年はいい年になりますように。

研究所では、開運祈願を込めた般若心経の写経の会を行います。指導は、真言宗僧侶・金井弘應氏で、日時は1月10日(土)15時から16時30分までです。ぜひお出かけ下さい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

開運カウンセリング

ご無沙汰しました。しばらく風邪気味でした。

研究所の仕事は休まず続けていたのですが、仕事が一段落つくと

ぐったりしてしまい、ご無沙汰してしまいすみませんでした。

昔はこんなことなかったんですがね。

やっつぱり66という年のせいでしょうかね?

年はとりたくないものですね。

今日は、「開運特別講座」の日でした。

前もっての申し込みは6人だったので、年の初めでみんな忙しいのかな?と思っていたら、始まる1時になったら続々集まって下さり、結局24人での開運カウンセリング講座の開催となりました。

自己紹介でここへ来たわけや今苦しんでいることなど話し合いまし

た。

Mさんのここへ来たきっかけは、職場のSさんが去年の秋から急に

花がパッと開いたようにきれいで明るくなったのでわけを聞いたら、

実はね、と教えてくれたのが「浦和カウンセリング研究所へ通ってい

ると自分のなりたい自分になれて、毎日がとっても楽しく生きやすく

なったの」ということだったそうです。

Mさんは今日開運講座を3時間受けて、「今年こそは、自分も運が開

けそうだ!」ととてもうれしそうでした。

2月2日(土)3時半からのグループセラピーにも「必ず来ます」と言って帰りました。

今日参加された方たちには浦和カウンセリング研究所で、願い事を言っていただきました。

「その願い事、きっと叶います!!」

今からでも遅くありません。

願い事のある方、開運を祈っている方は、ぜひお越しを!

今年こそ幸せをGet Get!!!

ご連絡、お待ちしてます。

| | コメント (0) | トラックバック (1)