カウンセラー資格の人気度アップ?

3月に行われたNPO法人日本カウンセラー連盟の心理カウンセラー認定試験は、

これまでに増して受験者が増加。

Cimg3918_r


会場を浦和パルコ10階の浦和コミュニティーセンターから、

埼玉会館に移して行われました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今日はカウンセラー認定試験の講評会をやっています

今日は、心理カウンセラー養成講座の臨床実習枠を利用して、

3月25日に行われたNPO法人日本カウンセラー連盟の心理カウンセラー認定試験の実技試験の講評会を行っています。

実際にクライエント役をやってもらったSさんの話は、

大変参考になると思います。

前回の試験から、筆記試験にもカウンセリングの場面を想定したクライエントとカウンセラーのやり取りを対話形式で3往復作るという課題が出されているわけですが、

傾聴が基本のはずが、クライエントの話を誘導するようなカウンセラーの言葉が多く、

厳しい評価になっています。

クライエント役のSさんの話をよく聞いて、

カウンセラーとしての対応の仕方をしっかり学んでください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

クライエントさんの言葉より ~2011年のしめくくり

本日お越しになったクライエントさんが、

「おかげさまで、最初にここに来たときよりはいいお正月を迎えられそうです」

とおっしゃってお帰りになりました。

初めて来所された際のこの方の表情やご様子を知っている私には、とてもうれしくありがたいお言葉でした。

エレベーターに向かう後ろ姿を見送らせていただきました。

浦和カウンセリング研究所は、年内は今日が最終日となります。

2011年もたいへんお世話になりました。

2012年も所長およびスタッフ一同、研究・研修を重ねて皆様のお役に立てるよう努めてまいります。

来年もよろしくお願いします。

_r000

スタッフ 布施

| | コメント (0) | トラックバック (0)

カウンセリングと「家政婦のミタ」さんの決めゼリフ

今日の心理カウンセラー資格講座は「人間関係学」で、東松山西照寺の副住職の若きご僧侶のお話を聞きました。

もともとは寺院が、僧侶が、カウンセリングやカウンセラーの役目をしていたのに、近年は葬式仏教になってしまったと嘆いていました。

明日は、心理カウンセラー資格認定試験が行われます。

皆さんの健闘を祈ります。

昨夜の「家政婦のミタ」さんの決めゼリフ

「それはあなたが決めることです」

は、私たちカウンセラーがいつも心に置いておく言葉です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

前川小学校PTA講演会の写真

10月に川口市立前川小学校のPTAの方にお招きいただいて行った講演会の写真を広報の方よりいただきました。

「カウンセリングマインドで接するということ」

というテーマで1時間半ほど、子育てやコミュニケーションに役立つエッセンスをワークを含めてお伝えさせていただきました。

集まられた方々も会を運営するPTAの方々も、とても熱心で温かい会でした。

ありがとうございました。

_r000

_r002

_r001

_r003

| | コメント (0) | トラックバック (0)

論理療法から自分を再発見 ~今日のカウンセラー講座から

今日の午後は「論理療法」の講座でした。

論理療法は、「人は出来事によって悩むのではなく、出来事を“どのように受け取るか”によって、悩んだり落ち込んだりする」という考え方に基づき、“受け取り方”を変化させることで生きやすくなろう、というアルバート・エリスが作った理論です。

埼玉も昨日の朝は雪やみぞれが降りました。

「雪だぁ…どおりで寒いと思った…最悪だぁ…」

と思うか、

「今年の初雪だ!うれしい!」

と思うかで、その日1日を過ごす気分が大きく変わってきますよね。

「雪」が私たちの気分を決めるのではなく、「雪をどう受け止めるか」で私たちの気分は決まります。

しかも、その受け取り方は自分次第なので、気分が落ち込むような受け取り方をしていて、それがイヤであれば、自分で受け取り方を変えていけばいいだけです。

研修生8人も、自分の中にどのようなイラショナルビリーフ(不健康な受け取り方、結果としてイヤな感情をもたらすもの)があるかを、33の質問に答えていく心理テストで見ていきました。

自分の考え方(受け取り方)の偏りを発見する人、「以前と変わった!」と変化を実感する人、考え方の偏りのルーツを見つけた人…

それぞれの方が「自分」を再発見されていました。

そして、「受け取り方を変える」ことの難しさも実感していました。

スタッフ 布施

| | コメント (0) | トラックバック (0)

アニマルセラピー ~今日のカウンセラー養成講座

今夜の心理カウンセラー養成講座は、栗原弘美氏の「アニマルセラピー」です。

栗原先生は、トリマーとして長年動物と向き合い、さいたま市内でペットホテルをしています。

アニマルセラピストとしての歴も長く、当校では「アニマルセラピー」の講座を担当していただいています。

また、NPO法人日本カウンセラー連盟代表理事も務めており、今日はアニマルセラピーについて、動物と人の関わりについて、そして23日の認定試験に向けて「カウンセラーに求めるもの」などをお話しいただいています。

_r000

_r001

この講座を受けたいと、1~3時の講座を受講した後、浦和周辺で時間を過ごして戻ってきた研修生も複数います。

研修生にとっても内容の濃い時間になると思います。

 スタッフ 布施

| | コメント (0) | トラックバック (0)

女性牧師さんのお話 ~今日の臨床実習から

今日の臨床実習では、与野の教会で牧師をしていらっしゃる平野早苗さんをお招きし、

クリスチャンになったきっかけや牧師としての思いを語っていただきました。

_r000

平野さんの半生を聞かせていただくなかで、研修生の多くがそれぞれに胸に響くことがありました。

「人生の中で何を立ち上げたいのか」

「願いをもっている人には、必ず神様からの知恵が与えられる」

「人生の成功とは、与えられるタレント(才能)の中で、成熟すること」

「必ず人生には幕が下ろされる。そのなかでどのように生きるかは、自分自身に任されている」

などなど…

ひとつひとつの言葉が、胸の中にキラッと光るものを残してくださるメッセージでした。

平野さんのお話しに加えて、平野さんの生き方から、

願い・思いを持ち続け、それに向けて行動すること、努力すること、

かつそれを継続し続けること…

その大切さを感じる2時間でした。

  スタッフ 布施

| | コメント (0) | トラックバック (0)

描画療法 ~心理カウンセラー養成講座から~

今日の午前の講座は、若松講師の「描画療法」です。

_r001

「描画療法」のなかで、カラーセラピーは興味深いものがあります。

_r000_2 

今日は所長はみんなに寒い冬を元気に乗り切ってもらおうという意図で、こんなに明るいツーピースを着てきました。

知人とのツーショットです。

黄色は、心をオープンにしたいとき、新しい友人・仕事などを手に入れたいとき、そして金運を望むときなどに身につけるといいといわれています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

心理カウンセラー資格試験迫る

今月23日にNPO日本カウンセラー連盟の資格試験があります。

今日はその「論文対策」の講義を布施講師が行っています。

東京や千葉の方か受講生が来てくれています。

合格を祈ります。

_r000

また、卒業生の渡部和人さんから、手作りの誕生日ケーキをいただきました。

ありがとうございます。

_r001

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧