子どもたちの合唱と教育カウンセリング

今日は孫の小学校の音楽会でした。

最初に全校合唱で「ビリーブ」という歌を二部合唱で歌いました。

子どもたちの歌にジーンとして涙が流れました。

子どもの歌声のなんて澄んでいて

けがれのないことか!

_r000

それなのに、今日も朝から先生の一言がお子さんの心を傷つけたご相談を伺いました。

とても悔しくてたまりません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

川口市立前川小学校PTA講演会 大成功!

たった今、川口市前川公民館で行われた前川小学校PTA主催の講演会から帰ってきました。

_r000_3

PTA会員さんや地域の方たちが150名程集まって下さいました。

春から準備をすすめてくださった学年委員会の皆さん本当にご苦労さまでした。

PTAは私も5人の子育ての中でかかわってきたのでご苦労はよく分かります。

それほど大きいとは言えない規模の学校で150人もの方を集めることができたということで、

もう8割方講演会は成功だと思いました。

「カウンセリングマインドで接する」という演題で、ワークを中心に行いました。

100分ほどの講演が終わると何人もの方がかけよって来て、

私にお礼を言って下さり、30人程の方が道まで見送ってくれ恐縮でした。

川口に住んで40年.。

改めて私のような人生を「受け入れてもらえた!」という喜びで胸がジーンとしました。

前川小の皆さんどうもありがとうございました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

私の知らない私~ジョハリの窓

今日の研修では、自己発見の講座や内観法の講座をやりました。

自分を語ったり人の話を聞いているうちに、“自分の中にあったんだけど気づいてなかった私”がはっきりして、「あ、そうそう、これって私の生きるテーマだったんです!」という方や、「そうだぁ…されたくないってこと、私が子どもに知らず知らずにしてたかも…」と、ジョハリの窓でいう『自己盲点の私』に気づかれました。

また、内観法では、「お母さんにしてほしかったことをしてもらえなかった」と思っていた研修生さんが、「“ない”ことばかり探してたのかもしれません。いろいろしてもらってたんだ…」と。

そして内観を進めていくうちに、「悪い子って思われてると思ってたけど…そっか!私、信頼されてるんだ!」と母親との関わりに対する見方に大転換が起こりました。

母との関わりに対する見方に変化が起きると、いろいろな人間関係も変わってきます。

目詰まりを起こしたフィルターの目詰まりが取れる、そういうイメージです。

たくさんの『私の知らない私』に出会い、研修生の皆さんがとてもすてきな顔をされてお帰りになりました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

心理カウンセラー認定試験の結果

今日は先月の27日に実施されたNPO法人日本カウンセラー連盟の認定試験の受験結果が発表されました。

受験生の皆さんは不安と期待が入り交じった様子でおいでになりましたが、結果を聞いて本当に喜んでいらっしゃいました。

大人になっても、やっぱり試験は緊張するもの。

そして、「合格」はうれしいものですね。

たくさんの方が進級してカウンセラーとしての姿勢とスキルを磨く意欲をお持ちで、これもまた私たちにとってうれしいことでした。

4月。出発の季節に、たくさんのカウンセラーの卵が出発していきます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

学校相談員を目指す方は、ぜひ当研究所のカウンセラー養成講座を!

今年も研修生が学校相談員になります!

昨年も研修生の中から4名(受験した方全員)の方が学校相談員に採用されましたが、

今年も3名の方が採用になることになりました。

受験した方の多くが相談員として採用され、

現在各市町村立の小中学校で15名の皆さんが働いています。

ご興味のある方は、ご相談ください!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

モンスターペアレンツとカウンセリングマインド

今朝の新聞報道で、埼玉県熊谷地裁で小学校の女性の先生が児童の両親を訴えたとありました。

連絡ノートに親が先生へのクレームを8回書いたほか、校長や教育委員会にも言って先生が眠れなくなり、500万円の損害賠償を訴えたとのこと。

この記事に私はとてもショックを受けました。

私が38年間教師をしている間、生徒にも保護者にも助けてもらいながら、私も全力で生徒を支えてきました。

もちろんカウンセリングマインドで相手が何を言いたいのか、何が相手にとっていいのか、いつも悩みながら、失敗もしながらでした。

学校側としては、モンスターペアレンツにただ負けてしまわないようにとのことらしいのですが、お互い相手をわかり合おうとして、もう一度真っ白な心でスタートできたらいいのになぁ、と思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

群馬小6女児「いじめで自殺」

上村明子さんが死を選んだ。

母へのプレゼントに編みつつあったマフラーで。

何とも悲しくてつらくていたたまれない気持ちです。

それにつけても、あの小学校長のはじめの頃のコメント「いじめは把握してなかった」という言葉には、激しい憤りを感じる。

21日の校外学習には参加したが、「何で来るのか」と言われショックを受けていた様子だったとのこと。

上村さんのお父さんは、学校に何度も相談したと話していらっしゃる。

どうか先生たち、もう二度とこういうことにならないよう、心して学校に行って!!

もう絶対こういうこと起こさないで!!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ワオ-!!

ワオ-!さすがタフな私も9月1日から今日までカルチャーセンターでの出張講座、(西新井、久喜、草加、川口、戸田etc.)と研究所での講義そして、クライエントさんとのカウンセリング・・・どれもこれも大切で大事で、一瞬でも気は抜きたくなくて・・・・と走り回っていました。

今朝、台所の流しで茶碗を洗っていたら、何だか涙がにじんできそうになりました。「アレ?昨日、今日めずらしく夫婦げんかも親子げんかもしていないのに?どうして涙?」人間、自分の好きなことを仕事にできるほど幸せなことはありません。でも、きっと心と身体はつながっていて「涙くん」が私に「歳のわりにちょっと動き過ぎ」と言ってくれたのでしょうか?「涙}はカタルシス(浄化作用)。時には泣いてみること、人に頼ることも必要かも。

でも明日も朝の1時間目から夜の9時まで心理カウンセラー養成講座の講義やらせてもらいま~す。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

クライエントさんの言葉から

「私ってこんなに笑い上戸でしたっけ!」と明るい声で言いながら笑い転げていらっしゃるとても美しい40代の女性の言葉です。「私と洋子さんって(私のことをずっとこう呼んでくれています。)これが私たち流のカウンセリング?(私が「私たちってカウンセリングスキルとかやっていないよね。」という言葉に対してです。)

「言葉では言い表せないけど、普段のままの自分でいるけど丁度いい適度の緊張(負担がかからない)があって全部プラスになる。これが私たち流のカウンセリング」20代女性

「私、他の人と幼稚園から違うって感じてた。でもそれってなかなかわかってもらえなくて、今日、一人だけわかってくれた!すっごくうれしい!」10代女性

これを言う方々のこと、私ね、今日ハッとわかったのです。皆、それぞれ何か特別なもの、何かすっごくすごいものを持っている人たちだって。ほめ言葉もらったからではないのです。それに気づくのが私が遅かっただけで・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

選挙とクライエントさんの言葉

「私、今、外に出られないでしょ。(摂食障害)私の大事な犬の散歩さえお母さんに頼んでいるの。でもね、私じゃなきゃ、絶対ダメっていうのが、昨日の選挙だったの。だから私、シャワー浴びたの。うん、でもパニックにはならなかったよ。だって、選挙だけは行くって決めてたから。アッ、そっかあ!私じゃなきゃならない何かがあれば、私、外出できるってこと?!そっかあ、、じゃあ選挙を待ってるんじゃなくて、。自分でそういう場を作らなくっちゃだめかあ!そっかあ!でね、選挙は人がいてとてもイヤだったけど、その後の結果がもっとイヤで、外出してイヤだったこと忘れちゃった。日本、どうにかしなくちゃね。私たち国民がね。結局、政治家って国民=私たちレベルってことだもんね。」

| | コメント (0) | トラックバック (0)